スポンサードリンク

花壇の作り方【サイズ・位置の確認−基礎の型枠】

花壇作りはかなりの集中力が必要です。ブロックが一つ狂うと他のブロックも狂ってきます。前もって予定を立てて、余裕を持って花壇を作ることが大切です。

作り始めると最後まで一気にやりたくなってしまいます。どうしても後半は集中力がなくなり雑になってきますので、休憩をとりながら最後まで丁寧に作りましょう。

ブロックを並べて花壇のサイズと位置を確認

花壇を作るぞ!となるとすぐに地面を掘りたくなってしまいますが、花壇は作り終わってから動かせません。面倒でも作る前にブロックを並べて花壇のサイズや位置、ブロックが足りるかの確認をします。

花壇の位置とサイズを確認

整地して溝を掘る

花壇を作る場所の砂利や障害物をどかし、ブロックを置く位置の地面を5cmの深さの溝を作ります。この溝にモルタルを流し込んで基礎を作ります。

整地

モルタルと地面の高さが同じになりますので、最終的にモルタルは地面に隠れます。

基礎のモルタルの溝

水糸を使ったり、地面にあらかじめ印をしてもいいと思いますが、私はメジャーで測りながら大きいスコップで大きめに掘りました(深さは5cm)。モルタルを入れる時に小さいスコップで微調整しました。 (最初に水糸を張ったんですが、途中から使うのをやめました)

溝にブロックを置く

掘った溝にモルタルを流してしまいたいところですが、溝にブロックを置いて深さ(5cm)とブロックの平行を調整します。この最初に置いたブロックが次から置いていくブロックの基準になってきます。

溝にブロックを置く

次のブロックを隣に置き、水平をとりながら前に置いたブロックと高さを揃えます。

隣のブロックと高さを揃える

水平器を使って高さを揃えていきます。

途中から面倒になってきまして、平行と高さ合わせをせずにモルタルを入れてみたのですが、浅くなってしまって余計に手間がかかりました(やり直し)。

溝の深さが斜めになっていたんです。見た目では斜めになっていることが分かりませんでした。

溝が斜めに

壁(奥)からの距離はメジャーで測りながら決めます。

メジャーを使って位置を決める

両側のブロックの位置は板を使いました。

板から直角を得る

板を使ってブロックの位置を決める

基礎の型枠

ブロックに横木を当てて杭で固定して型枠を作ります。

横木を杭で固定

板の高さからモルタルの深さを決めますので、横木をある程度平行にしておきます。

posted by kadan at 12:12 | 花壇の作り方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。