スポンサードリンク

フローラ 天然植物活力液 HB-101 効果 特徴 使い方 口コミ

活力剤はフローラのHB-101がお勧めです。

フローラ 天然植物活力液 HB-101 100cc の特徴や使い方、口コミでの評判をまとめてみました。

[特徴]

フローラ 天然植物活力液 HB-101は、杉・桧・松・オオバコから抽出した植物のための天然植物活力液です。

安全、無害で減農薬栽培や有機栽培に最適です。

すべての植物に使えます。

使い方は水で薄めてまくだけと簡単です。

HB-101を使うと植物が元気になります。

土壌よりP(リン)・N(窒素)・K(カリウム)とともに、カルシウム(カルシウムイオン)・ナトリウム(ナトリウムイオン)等を効率よく吸収し、細胞が活性化されて光合成の効率がよくなります。

サポニン様物質がたっぷり入っていますので、微生物に酸素を供給してそれぞれの微生物のバランスを保ちます。

植物が健康であれば、有毒物を使用する必要がなくなります。

詳しくはこちらから

>> 天然植物活力液 HB-101 100cc

[使い方]

@ 定植前に300坪あたりでは100cc、30坪あたりでは10cc、3坪あたりでは1ccを水で薄めて土壌に灌水します。
1回/1週間の3回を潅水すると有効微生物がどんどん増えて作物がよく育ちます。

A タネや苗、挿木を1000倍に水で薄めた液につけます。

種や豆類:瞬間
葉菜類:3時間
花・果菜類:12時間
苗や挿木:1分から12時間
球根類・種いも:1分から30分間

B 苗床での直播時や育苗中に1000倍に水で薄めた液を1回/週の3回を散布します。

C 定植後、300坪あたりでは100cc、30坪あたりでは10cc、3坪あたりでは1ccが入るように使用します。
土壌灌水では1000倍から100000倍、葉面散布では1000倍から10000倍に水で薄めます。

1日から30日毎に潅水、または葉面散布を行います。

標準では週に1回になります。

D 水耕栽培や水田では10万倍に薄めます。

E 水で薄めて使用するのが最適ですが、液肥や他の薬品との混用することもできます。
※油類やアルカリ類との混用は不可

[口コミ]

いくつか口コミでの評判を載せておきます。

ここから

「たくさん育ててるわけではありませんので、量は十分です。お花の種を薄めたHB-101に浸けておくと発芽率が違います」

「知人に勧められて購入しました。何回か使用してみると、葉が青々して葉の量が増えて元気に茂りました。庭の草花の水やりや手入れが楽しいです。HB-101はすごいです。」

「夏に調子が悪かった薔薇や草花が元気になりました。普通の液肥と違って速攻性があり、植物にも負担がないように思います。とても良い商品です。」

「畑の野菜や薔薇に使ってます。大きな花になり、実も大きくなります。少しの量を使いますので、長く使えて便利です。」

ここまで。

※著作権的に意味を変えずに書き変えさせて頂いてます。

その他の口コミはこちらから

>> 天然植物活力液 HB-101 100cc

posted by kadan at 15:15 | おすすめ花壇アイテム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。